タイトル

[国分寺地区担当者独り言日記一覧]
青-点線
国分寺セクキャバ日記画像

国分寺セクキャバの担当者日記一覧
最近何かと話題になっている、医薬品販売について考えていきたいと思う。現在、医薬品は資格を持ったドラッグストアしか売ることが出来ない状況だが、大手小売りが一般用医薬品、いわゆる大衆薬のインターネット販売の拡大や参入に動いているという。イオンは第2類医薬品という分類のものの販売を開始。ビックカメラは5日にビタミン剤や洗眼薬など副作用リスクが低い第3類医薬品の販売を始め、年内にも第2類を取り扱うという。各社は医薬品のネット販売の規制緩和に先駆けてドラッグストアより早く対応を進め、固定客をつかむ狙いであることは確かである。イオンはこれまでスーパー175店がネットスーパーの形で第3類を販売していたが、このうち127店で第2類の販売を始めた。店頭在庫から風邪薬など最大800品目を利用者宅に届ける。今後は第2類の取扱店舗をさらに広げていく見通しだという。国分寺地区のセクキャバサイトもより多くの方にサーブ巣を提供できるサイトにしたいものです。客側がネットで注文する際に医薬品の効能や副作用などの説明文が表示され、メールや電話などで問い合わせに対応しているという。形としては店にいる薬剤師や登録販売者が医薬品を集め、発送するというものになりそうである。個人的には今後、医薬品へのアクセスがし易くなることは非常に助かるのでもっと自由化を進めて欲しい。
▲ページ上部へ
青-点線
日記画像
国分寺のセクキャババイト案内
火は論文による特性について
愛好者の非公式の休日について
店内画像
政策革新運動の収益について
北の先進諸国が提唱するBHNsの批評について
人間開発の概念と人間の福祉について
駅画像
青-点線
国分寺セクキャバ求人.comは、国分寺のセクキャバ求人、アルバイト情報が業界トップクラスです!

▲ページ上部へ
青-点線
(c)国分寺セクキャバ